投資初心者のためのインデックスファンドとアクティブファンドの違い

投資

投資初心者のためのインデックスファンドとアクティブファンドの違い

こんにちは、2024年から新NISAがはじまりました。制度の恒久化や非課税期間が無期限になったりと今までより使いやすい制度になったことで投資に興味のなっかた人もこれをきっかけに興味を持ち始めたのではないでしょうか?

投資の王道といわれる『長期・積立・分散』である条件を満たしている投資信託をはじめての投資に選ぶ人も多いと思います。そこで今回は投資信託について学び、賢い投資の選択をするために、「インデックスファンド」と「アクティブファンド」の違いについて深堀りしていきたいと思います。

投資信託とは?

はじめに簡単に『投資信託』について説明します。

投資信託とは投資家の方から集めたお金をまとめ運用のプロが株式や債券などに投資・運用する金融商品です。もちろん投資なので儲かることもあれば損をすることがあり元本は保証されていません。その投資信託の運用方針の違いがインデックスファンドとアクティブファンドということになります。

次に投資信託のメリット・デメリットを説明していきます。

投資信託のメリット

  1. 小額からはじめられる・・・数約円から始めることも可能なのが投資信託です。小額からなので学びながら投資が出来ます。
  2. 分散投資・・・自分で選ぶことなく株式や債券に分散投資します。個人で分散投資は知識や資金が必要ですが投資信託ならそのような心配はいりません。
  3. ほったらかしでもOK・・・プロが運用をしてくれるので毎月、積立するだけです。長期投資をすることでドルコスト平均法の恩恵を受けやすくなりリスクを軽減することも可能です。

投資信託のデメリット

  1. 元本割れのリスク・・・景気や社会情勢により預貯金とは違い、購入後に値が下がってしまうことがあります
  2. コスト・・・購入時、保有中、売却時に手数料がかかります。なかにはノーロードファンドや解約手数料のかからないモノもあります。
  3. 実感があまりない・・・毎月、積立していくので手間はかからない代わりに投資をしている実感がありません。個別株のようにチャートみたり企業をしらべたりする必要性もほとんどありません。

インデックスファンドとは?

次にインデックスファンドについてです。インデックスファンドとは、特定の市場指数(日経225やS&P 500など)のパフォーマンスに連動するように設計された投資信託です。そのファンドのは、指数と同じように動くので値動きがわかりやすいです。それではインデックスファンドのメリット・デメリットを見ていきましょう

インデックスファンドのメリット

  1. 値動きがわかりやすい・・・先ほどもすこし触れましたが指数と連動するように設計されているのでわかりやすい
  2. 低コスト・・・ほかの金融商品に比べ運用にかかるコストが低い
  3. ひとつのファンドで分散投資になる・・・個別株のようにあれこれ買わなくてもひとつのファンドを買うだけで分散投資になるので初心者でも始めやすい

インデックスファンドのデメリット

  1. 元本割れのリスク・・・当然ですが必ず儲かるというわけではありません。経済の落ち込みなどで資産が下落する可能性があります。
  2. 大きなリターンは望めない・・・短期間でおおきなリターンは期待できません。市場平均の値動きに連動しているからコツコツ長期が向いています。
  3. 選ぶのが難しい・・・初心者向けですが『オススメ金融商品』といったものに安易に手を出してしまいがち内容をしっかりと確認して選択したいです。

アクティブファンドとは?

次に、アクティブファンドです。これは、ファンドマネージャーや運用チームが銘柄の選択や投資戦略を積極的に行う投資信託です。市場のトレンドや個々の銘柄の性質に基づいて、投資の決定をします。そのため、インデックスファンドとは異なり、アクティブファンドでは目標とする指数とのパフォーマンスが異なる可能性があります。アクティブファンドのメリット・デメリットを見ていきましょう。

アクティブファンドのメリット

  1. 大きなリターンの可能性・・・指数よりも上を目指すためインデックスファンドよりも高いリターンを期待することが出来ます
  2. 種類がおおい・・・選択肢がおおく自分の運用方針や考えにあったものを見つけることが出来る

アクティブファンドのデメリット

  1. コストが高め・・・インデックスファンドに比べ運用に手間がかかるため全体的にコストが高いです。インデックスファンドの信託報酬が0.1%台があるなかでアクティブファンドは1~3%台など高めです。長期運用で大きく運用結果に差がでることもあります。
  2. 価格変動のリスク・・・調査や分析をもとに銘柄が選ばれるのでかならずしも市場平均を上回るわけではない。ファンドマネジャーのスキルも結果を左右する

違いのポイントと選びかた

  1. コスト: インデックスファンドの運用手数料は一般的に低く、アクティブファンドよりもコストが抑えられています。
  2. リスクとリターンのバランス: インデックスファンドは市場全体の動向に追随するため、リスクは分散されます。一方、アクティブファンドはファンドマネジャーの判断に左右されるため、リスクとリターンのバランスは異なります。

コストの一例

インデックスファンド

アクティブファンド

出典:三菱UFJアセットマネジメント目論見書

インデックスファンド、アクティブファンドの運用実績一例

インデックスファンド

アクティブファンド

出典:三菱UFJアセットマネジメント目論見書

で、どちらを選ぶべきか?

結論としては

  • リスクをおさえたいならインデックスファンド
  • 大きなリターンを狙いたいならアクティブファンド

インデックスファンドとアクティブファンドの選択は個々の投資家の目標やリスク許容度によって異なります。リスクを最小限に抑えつつ市場全体の成長に連動したいのであれば、インデックスファンドが適しているかもしれません。一方で、アクティブな資産運用を求めるのであれば、アクティブファンドを選択することもできます。

まとめ

今回は『投資初心者のためのインデックスファンドとアクティブファンドの違い』ということで

  1. 投資信託とは?
  2. インデックスファンドとは?
  3. アクティブファンドとは?
  4. 違いのポイントと選びかた

の順に解説しました。

インデックスファンドとアクティブファンドは、それぞれ異なる投資戦略を持ちます。投資家は自身の目標やリスク許容度に合わせて、適切なファンドを選択することが重要です。しっかりと情報を収集し、将来の資産形成に向けて賢い投資を行いましょう。

以上、ご参考になれば幸いです。最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました