リスクを最小限に抑える!初心者向け資産運用の重要なコツ

投資

リスクを最小限に抑える!初心者向け資産運用の重要なコツ

初めて投資を始める際多くの初心者が直面する大きな課題はリスクの管理です。この記事では、初心者の方々が資産運用を通じてリスクを最小限に抑え、着実な成果を上げるための重要なコツに焦点を当てます。ぜひ、資産運用の世界で成功するためのアドバイスをご覧ください。

1. リスク許容度の確認

最初に行うべきことは、自身のリスク許容度を確認することです。

リスク許容度とは

どのくらいの価格変動まで受け入れられるかということです。とくにマイナスになった時にどれだけ許容出来るかを知る必要があります。ご自身の投資目的、金額、年齢知識、経験などによって変わってくるので自分のリスク許容度を知ることは非常に重要となってきます。リスク許容度を知るポイントとして次の4つに着目します。

年齢、収入、投資経験、投資目的です。

1.年齢

年齢が若い人・長期運用を考えている方はリスク許容度が高くなります。逆に、年齢が高い、近い将来に換金したい方はリスク許容度が低くなります。

2.収入

収入が多い、これからも増える予定の方はリスク許容度は高く逆に、収入が低いもしくはこれから下がるといった方はリスク許容度が低いと言えます。

3.投資経験

実際に投資をして資産が減ってしまったという経験をした方はその時にどのように感じたのかが重要です。一人ひとり受けとりかたが違いますのではじめて投資をしようと考えている方は小額から始めるなどなるべくリスク許容度を低く設定したほうが無難かもしれません。

4.投資目的

一般的な目的は『資産を増やすこと』ですが、将来何にそのお金を使うかということ。よく言われる老後の資金の場合、もしあなたが30歳の場合は長期運用となりすぐに換金をしないためリスク許容度は高いということになります。

逆に、住宅購入の頭金や教育資金が目的の場合は万が一の大きな値下がりは避けたいのでリスク許容度は低くなります。

結論

投資は常にリスクを伴います自分の忍耐力や目標に基づいてリスクの範囲を理解するこは重要リスクを理解することで適切な投資戦略を構築しやすくなります。

2. 分散投資の重要性

資産を異なるクラスや業種に分散することは、リスクを最小限に抑えるための基本中の基本です。

例えば株式100%にするよりも

株式と逆の動きをする債券も持つことでリスク軽減ということ、この割合をポートフォリオと言います。

ポートフォリオ全体でリスクを分散させることで市場の変動に強くなります。

ポートフォリオとは?

国内株式・国内債券・海外株式・海外債券国内REIT・国外REITなどの資産の組み合わせや比率のことです。

資産を一つの商品に集中させるのではなく分散させます。

投資ではよく

『たまごをひとつのカゴに盛るな』と言われます。

どういうことかと言うと

逆の値動きをする商品を資産に組み入れることでどれかが損失を出してもほかの商品でカバーできるといった考え方です。

でも初心者の方は

はどれを組み合わせたらいいのか迷ってしまいますよね。

これに関しては投資信託を選ぶことでほぼこれらのことは解決します。

なぜなら

バランス型の投資信託を選ぶことで自動的に分散投資となるからです。

バランス型投資信託とは?

国際分散投資になり国内外の株式や債券を組み合わせたもので

次の3つに分けられます。

  • 安定型
  • 安定成長型
  • 成長型

安定型は株式の割合が低く逆に成長型は株式の割合が高くなります。

一例ですが

eMAXISSlim バランス(8資産均等型)という投資信託は

12.5%づつ8つの資産に均等に投資するバランス型の見本みたいな投資信託です。

出典:三菱UFJアセットマネジメント作成交付目論見書

結論

投資信託バランス型は世界中の幅広い資産に分散投資をすることになるのと

あまり手間をかけずに済むといった点からもはじめての投資にはオススメと言えるでしょう。

3. 長期投資のメリット

短期の価格変動に振り回されずに長期的な視点で投資を行うことはリスク管理の観点からも有益です。

長期投資には次のようなメリットがあります。

  • 複利効果を活かせる
  • 目先の値動きを気にしなくてもよい
  • 売買コスト(手数料)を抑えることが出来る
  • 積立投資で一定額購入することでドルコスト平均法を活かせる

長期投資のもっとものメリットは複利です。

とくに複利は運用期間が長ければ効果が高まる利子に利子がつく『雪だるま式』です。

例えば100万円を金利3%(年利)で運用した場合

1年後・・103万円

2年後・・106万900円

3年後・・109万2727円

このようにはじめのうちには少しづつですが増えていき

なんと20年後には180万6111円

利息は80万111円です。

元本は全く変わらずなので

積立投資をしていった時は

さらに複利効果が実感できそうです。

 

ドルコスト平均法とは?

購入金額を一定に保ち購入数を変える買い方

  • 価格が安ければ購入数をおおく
  • 価格が高ければ購入数を少なく

長期投資をすることで平均購入単価を平準化でき

有効な方法のひとつといわれています。

結論

長期的投資をすることで一時的な変動に左右されず着実な成果を上げることが可能。

4. 情報の収集と分析

長期投資のメリットとして『目先の値動きをきにしなくてもよい』と言いましたが、これは何もしなくてよいということではありません。

情報を収集することは長期投資でも必要です。

 

はじめのうちには本やYouTube動画などで投資の知識を身につけたりYahoo!ファイナンスや株探などで経済状況や株価などをチェックすることから始めることがいいでしょう。

 

なかでもオススメなのは無料で学ぶことが出来る

知るぽると

都道府県金融広報委員会、政府、日本銀行、地方公共団体、民間団体等と協力し身近なお金について広報活動をしているサイトです。

知るぽるとは投資だけでなく

金融リテラシーをつけるという意味でも初心者の方にすごく役に立ちます

結論

感情に左右されず冷静な判断を下すためには少しづつ知識を増やし学び続けること。徐々に適切な情報を見分けられるようになっていきます。

まとめ

今回は『リスクを最小限に抑える!初心者向け資産運用の重要なコツ』ということで

  1. リスク許容度の確認
  2.  分散投資の重要性
  3.  長期投資のメリット
  4.  情報の収集と分析

について解説しました。

初心者の方がリスクを最小限に抑えつつ資産運用を行うためにはリスク許容度の確認から始め分散投資や長期投資情報の適切な吸収が不可欠です。これらのコツを実践することで着実な成果を上げ安定した資産形成が可能となります。

リスクを理解して、賢明な投資を心がけましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました